あぁ、言われるかも・・・会社を辞める際に引き止められた場合の対処法

もう会社を辞めよう・・・。

 

それにも関わらず引き止められた時の対処法を

 

記事にしました。是非どうぞ!

 

何故引き止められるか?

 

会社に必要な人材だから。

自分を本当に必要としている場合ですね。

 

 

 

しかし、本当に必要と言っても怪しいものです。

 

 

 

従業員の募集、補充、教育、これらをすることが面倒で必要と言っている場合もあります。

 

 

会社を辞められると今までお前がしていた仕事の穴埋めをする必要がある。

新人の募集・補充・教育・スケジュールの再調整は

 

上司には面倒以外の何物でもありません

 

 

 

忙しい時期に退職する意志を伝えると特に強く上司に引き留められる可能性があります

 

 

 

プロジェクトが大詰め、決算日、年末、商売が繁盛する時期

 

 

 

は辞めて退職を伝える時期をずらすようにしましょう。

 

 

 

忙しい時に引き止められてそのままずるずる残ってしまうと周りの厳しい

 

 

 

目にさらされて仕事場に居づらくなってしまう可能性があります。

 

本当にあなたのことを思って引き止める場合もある。

上司はあなたの仕事ぶりを一番近くで見ています。

 

 

 

改善するべき点や評価している点を知り、あなたを正当に評価している

 

 

 

可能性もあるので、そう感じたら今一度自分は本当に退職するべきか

 

 

 

もう一度考えてみるといいかもしれません

 

引き止めれば退職を辞めると考えている

この考えの根底には待遇をよくすればいいだろうと思っていたり、

 

会社に必要とされていないと思っているから退職するんだろう

 

という考えがあります。

 

 

 

この場合、上司はあなたを引き止めるためにいろいろ改善してほしい条件を聞いてきたり

 

 

 

あなたは会社にとって必要であることを説いてきます。

 

 

 

ここで考えるべきはあなたが会社を辞めようと思った理由です。

 

 

 

 

あなたが会社を辞めようとした理由は改善されて納得のいくものになるか

 

 

 

をよく考えるべきです。人間関係は改善されるのか、今まで以上のスキル・知識を

 

 

 

得ることができるのか。待遇面(給料・残業・昇進・・・等)は果たされるのか。

 

 

 

そして上司が本当に自分の出した条件を呑んできっちり果たすのか

 

 

 

条件改善を上司が提示したり、会社が本当にあなたのことを必要だと言っても

 

 

 

即答で退職を取り下げることはするべきではありません

 

 

 

一旦持ち帰って、後日改めて返事をするのがいいでしょう。

 

 

引き止められる際の言い回し

 

後任が決まるまで待ってほしいと言われる

円満退社をしようと思っているなら可能な範囲で応じるといいですね。

 

 

 

これで会社を辞める際に引き止められた場合は

 

 

 

転職先に影響を与えない範囲で応じるのがベターです。

 

 

待遇を改善すると言われる

「引き止めれば退職を辞めると考えている」で書いた通り、

 

即答で退職を取り下げず、冷静に考えてから返事をしましょう。

 

 

 

あなたが出した条件を上司が改善しても

 

 

 

その後自分だけが改善された状態ですので、周りは厳しい目で自分を見るかもしれません。

 

脅される

脅されても退職届を提出していれば2週間後には会社を辞めることができます。

 

転職先に苦情を入れる

 

・こう言われないために転職先に関することを話さないようにしましょう。

 

 

仕事仲間に多大な負担がかかる。お客様に迷惑がかかる。

 

抜けた穴を埋めるために上司はスケジュールを再調整したり、

 

 

 

人を募集して、教育をする必要があるので大変です。しかし、

 

 

 

気にする必要は微塵もありません。負担が周りにかかるのは

 

 

 

申し訳ないと思いますが、それを考えていたら一生退職できません

 

 

 

同様にお客様に迷惑がかかることを理由にして退職を

 

 

 

取り下げる必要はありませんが、

 

 

 

付き合いのあるお客様には退職の際に挨拶をする方が今後のためにも

 

 

 

いいと思います。転職先で縁があり取引を行っていく可能性もあるので

 

 

 

今後のあなたのために今のあなたをしっかり取引先にアピールしましょう。

 

 

引き止められた際の対処法

 

絶対に退職をする強い意識を持つ

はっきり答えられなければ上司は退職を迷っていると判断して

 

 

 

執拗に交渉してくる可能性があります

 

 

 

今の会社が嫌で仕方がないという人はきっぱり返事をするのが

 

 

 

上司が交渉してくる可能性を減らせますが、

 

 

 

円満退社をしたいという人は、引き継ぎなどを考えて

 

 

 

1ヶ月、2ヶ月・・・など、時期を考えて退職することを

 

 

 

上司に伝える方がいいです。答え方も無愛想に答えないで

 

 

 

感じよく答えることをオススメします

 

 

 

執拗に交渉しようとする上司には

 

 

 

「すでに転職先が決まっており、入社することも決まっている」等

 

 

 

具体的な理由を示す方法もあります。

 

条件を口にしない

例え相手が改善することを承諾しても、口約束では意味がありません

 

 

 

会社を辞める際に引き止めるその場しのぎの理由かもしれません。

 

 

 

それどころか条件を自分が言ってしまったために上司が

 

 

 

条件が理由で会社を辞めるのだなと勘違いしてしまい

 

 

 

ずるずる交渉に持ち込まれて思った以上に長引くかもしれません

 

 

 

条件が改善されれば会社に残るつもりでいると思っていない限り

 

 

 

条件を口にするのは辞めた方が無難です。

 

上司に相談はしない

上司に相談した結果、思い直して会社にとどまることを

 

 

 

決めた方も中にはいますが、基本的に自分自身が

 

 

 

退職するべきか否かを上司に相談するのは辞めた方がいいです

 

 

 

忙しい部署に勤めている場合、人手不足の場合はにべもなく

 

 

 

退職するべきではないと言われておしまいです。

 

 

 

中には親身に自分の話に耳を傾けてくれ上司もいますが、

 

 

 

「お前は辞めるべきだ」と真正面から言う人はなかなかいない

 

 

 

と思います。

まとめ

もう会社を辞めよう。そう思って退職を決意しました。

 

でも、会社を辞めますってそう思いっきり言えないですよね。

 

だから、申し訳なく思って、少し萎縮してしまう。でも、会社の方は

 

自分を辞めさせる気はないから結構ぐいぐいくる・・・。

 

そんな流れに任せてしまって結局会社に残ることに・・・。

 

引き止めようとする会社を辞めるのはなかなかしんどいです。

 

でも、会社を辞めようと思ったあなたは確かにいるわけで、

 

本当に会社を辞めよう。そんなあなたの助けになることができたら幸いです。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
そもそもアフィリエイトって?
挫折をしない方法
初心者アフィリエイターへ①
1位アンリミテッドアフィリエイト アンリミテッドアフィリエイト

6カ月で月収100万円を達成したアフィリエイトノウハウの結晶

詳細レビューはこちら♪
初心者アフィリエイターへ②
2位賢威  賢威

企業のコンサルティングに使われる株式会社webライダーのSEO教材

詳細レビューはこちら♪
初心者アフィリエイターへ③
3位本質のコピーライティング大全 本質のコピーライティング大全

本質のビジネスSEO術で有名な戸田丈勝さんによるコピーライティング

詳細レビューはこちら♪
infoもちのプロフィール

情報商材アナライザー
会社を辞め、どう生きていくか悩んでいた中、アフィリエイトに出会いブログ運営を着々と続けている毎日です。

詳細はこちら
検索はこちらからどうぞ!
カテゴリー
無料レポート紹介!
infoもちのつぶやき

ページの先頭へ