わかりやすい文章 | アフィリエイト

小学生でもわかる文章を書く。

 

アフィリエイト経験者なら耳にしたことはあると思います。

 

今回は小学生でもわかる文章について考えていきます。

 

 

 

そもそも、「わかる」とは・・・?

 

「わかる」文章は下記の3つを備えている文章ではないか・・・と思います。

 

読みやすい」「理解しやすい」「伝わりやすい

 

読みやすい

 

  • 文章が短い。
  • 行間がある。
  • 文字サイズが大きい。
  • 色使いがいい。

 

 

「文章が短い」

文章が長いと、読者はストレスで読みたくなくなってしまいます。

 

「。」を使い適度に文を区切るようにしましょう。

 

例えば、

 

私はこの前お茶を飲もうとしましたが、茶葉がなかったのでスーパーに茶葉を買いにいったのですが、そこで突然昔の同級生に会い、長話をしまたのですが、その同級生とは友達で、最近全然会っていなかったので

話が弾んで、結局、夕方まで話し込んでしまい、予定していた宿題をこなすことが全然せんでした。

 

ここに「。」と多少手を加えてみます。

 

私はこの前お茶を飲もうとしましたが、茶葉がなかったのでスーパーに茶葉を買いにきました。そこで突然昔の同級生に会い、長話をしたのですが、その同級生とは友達で、最近全然会っていませんでした。

話が弾んで、結局、夕方まで話し込んでしまい、予定していた宿題をこなすことが全然せんでした。

 

こうすることで、読みやすくなります。

 

「行間がある」

密集した文章は「読もう」という気持ちを消します。

 

 

「文字サイズが大きい」

小さい文字は単純に見えにくいです。

 

 

「色使いがいい」

強調したい部分がある場合、文字の色を変更したりしましょう。

 

ただ、明るい背景に明るい文字はとても見えにくいです。

 

例えば、白色の背景に黄色の文字→アフィリエイト

 

その場合、文字の背景を黄色にしましょう。

 

アフィリエイト 

 

どちらが見えやすいか? 文字の背景を黄色にした方が見えやすいですね。

 

理解しやすい

そもそも「理解しやすい文章」とはなんでしょうか?

 

「専門用語をなるべく使わないこと」、「難しい言葉は言い換える」

 

上記のルールを守った文章だと私は考えています。

 

専門用語と難しい言葉:どちらも同じように聞こえますが、若干違います。

専門用語を多用した文章は、その道に詳しい人しか相手にしていな印象を与えます。

 

もし、いろいろな人に読んでもらいたいのなら専門用語をなるべく使わず、

他の言葉に置き換えるようにしましょう。もし、どうしても無理なら

 

言葉の意味をあらかじめ、記載しておくなど、読者にわざわざ調べさせる

ようなことはしない方がいいです。

 

わかりにくいとページは戻って、わかりやすいページを探すことがよくあります。

 

では、難しい用語とは何か?

 

これは、専門用語以外の聞きなれない言葉や言い回しです。

 

土地の広さを表す単位にヘクタールが使用されますが、

 

実際に、ヘクタールで表現しても、「ピン」とこない人が多いと思います。

 

だからその場合、ヘクタール表記ではなく東京ドーム何個分と表現するようにしましょう。

 

よくTVでもヘクタール表記ではなく、東京ドーム何個分と表記されます。

伝わりやすい

そもそも「伝わりやすい」文章とはなんでしょうか?

 

先ほどの「読みやすい」「理解しやすい」を考慮することは必須です。

 

ですが、本当にこれでいいのか?

 

「理屈はわかる。しかしイメージできない。」

 

こういうことってあると思います。

 

「イメージできない」文章ではなく

 

「イメージできる」文章こそ伝わりやすい文章だと思います。

 

では、どうすれば伝わりやすい文章ができるのか?

 

いくつかコツがあります。

固有名詞を使う

  • 海に行った
  • 天然ビーチに行った

 

「天然ビーチに行った」

↑こういった表現の方がより読者にイメージしやすいです。

 

  • 山を登った
  • 富士山を登った

 

「富士山を登った」の方がイメージしやすいですね。

 

具体的に言う

当たり前のように聞こえますが、これを意識して文章を書くことが

 

イメージしやすい文章へと繋がります。

 

今まで、簡単に表現した言葉を具体的に表現する。

 

例えば、

 

「本を読むことが趣味」ではなく、

 

「ミステリー小説を読むことが趣味」と表現する

 

ですが、「イメージしやすい」は、あくまで読み手の知識量に依存します。

 

「具体的」が良き過ぎてしまうと、「理解しやすい」と衝突してしまいます。

 

例えば、「人を集めることが重要」を「SEOが重要」と言ってしまうと

 

「SEOって何?」とその言葉を知らない人は思いますよね。

 

そういうことを踏まえながら、文章を書いていくといいと思います。

 

 

カテゴリ:Wordpress  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
そもそもアフィリエイトって?
挫折をしない方法
初心者アフィリエイターへ①
1位アンリミテッドアフィリエイト アンリミテッドアフィリエイト

6カ月で月収100万円を達成したアフィリエイトノウハウの結晶

詳細レビューはこちら♪
初心者アフィリエイターへ②
2位賢威  賢威

企業のコンサルティングに使われる株式会社webライダーのSEO教材

詳細レビューはこちら♪
初心者アフィリエイターへ③
3位本質のコピーライティング大全 本質のコピーライティング大全

本質のビジネスSEO術で有名な戸田丈勝さんによるコピーライティング

詳細レビューはこちら♪
infoもちのプロフィール

情報商材アナライザー
会社を辞め、どう生きていくか悩んでいた中、アフィリエイトに出会いブログ運営を着々と続けている毎日です。

詳細はこちら
検索はこちらからどうぞ!
カテゴリー
無料レポート紹介!
infoもちのつぶやき

ページの先頭へ